ニキビ 化粧品 選び方

ポイントは保湿効果

大人ニキビのおもな原因は肌の乾燥です。ここは10代の思春期ニキビと異なるところです。ですから、大人のニキビケア化粧品を選ぶ場合には、保湿効果の高いものを選ぶことがもっとも大切なポイントになります。さらに女性の場合、ホルモンバランスを整える成分が入っているものがベストです。肌の不調、体の不調、すべて女性ホルモンの乱れが関係していますから。

 

洗顔料選び

洗い上がりが突っ張らないものが洗顔料選びのポイントです。保湿成分が含まれているものもおすすめです。泡立ちのいいものがよいとされていますが、要は、こすらずに洗顔できること、汚れの吸着力が高いことがポイントです。

 

化粧水選び

洗顔後に水分を補う上で化粧水は欠かせません。化粧水を選ぶ際には、浸透力がポイントです。浸透力が低くては肌表面に成分がとどまるだけなので、肌内部まで潤すことができません。肌の奥まで浸透するものを選びましょう。さらに美容成分も含まれていれば嬉しいですね。

 

美容液選び

美容液に含まれる成分は様々です。保湿系、アンチエイジング系、美白系などがあります。ニキビケアでは、もちろん保湿系。化粧水で与えた水分を逃がさないように肌をバリアできるタイプを選びましょう。

 

以前は、潤いを閉じ込めるために美容液の後、クリームなどを塗ることが推奨されていましたが、クリームは必要ありません。潤いを閉じ込めるのは油分でなくセラミドなど保湿成分であることが分かってきたからです。なので、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を含んだものを選びましょう。そうすれば、あとからクリームをぬる必要もありません。クリームの油分はニキビ菌の栄養となりますから、ニキビを悪化させることになってしまいます。