肌周期

生理周期・肌周期にあわせた効果的なスキンケアが大切

女性ホルモン、生理周期、お肌の調子は密接な関係があります。女性ホルモンの分泌によって生理周期が決まるように、お肌にも肌周期があります。

 

お肌の状態によっては、一生懸命ケアしているのに効果が現れなかったり、かえって肌トラブルを起こしてしまうこともあります。

 

お肌によかれと思ってしていることでも、そのとき肌が求めているものでなければ逆効果です。

 

大事なのはタイミングです。肌周期にあったお手入れが大切なのです。そのときの肌の状態にあった適切なお手入れをすることで、お肌を常にいい状態に保てるようになっていくものです。

肌周期にあった お手入れ法

生理周期

女性ホルモンには2つあります。エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)です。この2つの女性ホルモンの分泌に応じて、生理周期ができます。

(グラフ : ラ・ミューテ提供)

 

エストロゲンは肌の水分量を増やす働きがあり、プロゲステロンは皮脂分泌を促す働きがあります。

 

お肌の水分・油分のバランスは、エストロゲンとプロゲステロンのバランスによって決まり、約1ヶ月周期で変動します。これが肌周期です。

 

生理周期は、生理期、卵胞期、排卵期、黄体期に分けることができます。肌周期もこれに対応します。

 

生理期……お肌もカラダも休めてリラックス

エストロゲンもプロゲステロンも、どちらも最も分泌量が少ない時期です。お肌の水分も油分も減るので、お肌は乾燥し、肌トラブルが起きやすいときです。

 

無理をせず、できるだけゆったりとリラックスして過ごしましょう。月経血といっしょに体内の毒素を出し切る「デトックス期」と前向きに考えてはいかがでしょうか。

ノーメイクで肌を休めるのがいいのですが、メイクをするなら、いつもと違う化粧品を使うのは避けましょう。

 

卵胞期……お肌の好調期

エストロゲンの分泌が増加する時期です。それにともない肌の水分量が増えていくので、お肌の調子もよくなります。

 

体も気持ちもアクティブになり、日ごとに女性らしい魅力が高まっていくときです。合コンなどのイベントを入れるならこの時期がベスト。

新しい化粧品を試したり、ピーリングやパックなど積極的なお手入れは、この時期がオススメです。

 

排卵期……美肌のピーク

エストロゲンの分泌がピークになる時期です。お肌の調子は最も良く、女性らしさ・美しさがピークを迎えるときです。

 

最も妊娠しやすい時期ですから、異性を引き寄せるために女性としての魅力を最大限発揮する必要性から、そうなるのでしょうね。

新しい化粧品にチャレンジしてみたり、いつもと違ったメイクを楽しんでみるのもいいですね。

 

黄体期……お肌の調子は下り坂

エストロゲンの分泌が減少し、替わってプロゲステロンの分泌が増える時期です。

 

エストロゲンが減少することで、肌の水分量も減り、乾燥しやすくなり、肌トラブルが多くなります。また、プロゲステロンが増加することで、皮脂分泌が増え、ニキビなど肌荒れを起こしやすい時期です。

新しい化粧品や刺激の強いケアは避けましょう。肌トラブルに備える守りの時期です。