プロゲステロン ニキビ

大事なのはホルモンのバランス

ニキビができやすいのは、生理前、プロゲステロン(黄体ホルモン)が優位になる時期です。プロゲステロンは皮脂分泌を増やすホルモンだからです。

 

それでは、プロゲステロンの分泌が少なければニキビになりにくいのでしょうか?

 

答えはノーです。プロゲステロンが少なすぎても、肌荒れや吹き出物ができやすい肌になってしまいます。大切なのは、エストロゲンとプロゲステロンのバランス、それぞれ適正量の分泌なのです。エストロゲンもプロゲステロンも、どちらも多すぎても少なすぎてもいけません。

 

確かにプロゲステロンは、皮脂分泌を促す作用のあるホルモンですから、ニキビをできやすくします。しかし、ニキビの要因はそれだけではありません。もし、プロゲステロンの増加だけが要因だとすれば、女性のだれもが、この時期ニキビができることになります。

 

プロゲステロンが優位になる時期には、エストロゲンもそれなりに分泌されています。ですから、その2つの女性ホルモンのバランスと量が問題なのです。バランスが乱れ、それぞれ適正量が分泌されなくなった状態のとき、プロゲステロンの分泌量の増加が重なると、肌荒れや吹き出物ができやすくなるのです。

 

バランスを崩すと、冷えを起こしやすくなります。すると血液の滞りを招いたり、胃腸の働きが低下したりするからです。体の内面の調子が肌に反映するのですね。

 

ただし、ニキビは、これだけではありませんね。ニキビができる直接の要因は、毛穴の詰まりですから。毛穴が詰まって、そこに皮脂が溜まって、白ニキビができるわけです。そこにニキビ菌が繁殖すると赤ニキビに進行します。

 

ですから、毛穴の詰まりを引き起こす肌の乾燥なども原因となります。

 

このように大人ニキビの要因は複雑なのです。