生理前 吹き出物 原因

生理前になると吹き出物ができるのはどうして?

生理前になると吹き出物(大人ニキビ)ができるのは、女性ホルモンと密接な関係があります。

 

女性ホルモンのバランスが乱れている

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)の2つがあります。

 

この2つの女性ホルモンの分泌量は、約1ヶ月周期で変化します。それが生理周期を決めています。また、お肌の水分・油分のバランスも、女性ホルモンの変化にともなって、約1ヶ月周期で変動します。

 

女性ホルモン・生理周期・お肌の調子は、密接な関係があるのです。

 

エストロゲン
(卵胞ホルモン)
肌の水分量を増やし、みずみずしい肌にします。また、肌の新陳代謝を促したり、ハリや弾力を保つ働きもあり、「美肌ホルモン」とも呼ばれます。
プロゲステロン
(黄体ホルモン)
肌の皮脂分泌を促します。肌トラブルを引き起こす原因となるので嫌われものですが、妊娠を継続させる働きのある大切なホルモンです。

 

理想的な女性ホルモンのバランス

生理から排卵までの時期(卵胞期)は、エストロゲンの分泌が増え、お肌の調子の良い時期です。

 

排卵から次の生理までの時期(黄体期)は、プロゲステロンの分泌が増え、肌トラブルを引き起こしやすい時期です。

 

なので、“生理前になるとお肌の調子がよくない” というのは、女性ならだれもが感じることなんです。

 

でも実際には、吹き出物(大人ニキビ)ができる人、できない人がいますね。それは、女性ホルモンバランスの乱れが影響しています。

 

例えば、プロゲステロンが多く分泌される黄体期が長くなると、皮脂分泌が過剰になります。また、プロゲステロンのピーク量が多くても、皮脂分泌が過剰になります。

 

このように、ホルモンバランスが乱れていると、生理前に吹き出物(大人ニキビ)ができやすくなるのです。

 

(グラフ : ラ・ミューテ提供)

 

根本的に治すには女性ホルモンを整えることがポイント

もちろん、吹き出物(大人ニキビ)ができるのは、直接的には、肌が乾燥していたり、逆に脂っぽくなっていたり、といったことが原因です。

 

肌が乾燥していると、皮膚表面の角層が厚く硬くなり、毛穴の詰まりを起こしやすくなります。それに肌は乾燥を感じると、みずから皮脂を過剰に分泌します。また、肌が脂っぽいというのは、皮脂の分泌が盛んになっているということですね。

 

このように、肌が乾燥しても、脂っぽくても、吹き出物(大人ニキビ)のできやすい肌環境になっているのです。

 

肌の乾燥は、湿度の影響も大きな要因です。ですから、保湿は大切です。また、脂っぽくなった肌は、余分な皮脂を落とさなければいけません。そういったスキンケアは、もちろん必要なことです。

 

でも、肌の乾燥や皮脂量の増加には、女性ホルモンバランスの乱れが大きく影響しているのです。お肌の水分・油分のバランスを変動させるのが女性ホルモンですから。

 

特に、生理前になると吹き出物(大人ニキビ)ができるという方は、女性ホルモンバランスの乱れの影響が大きいでしょう。

 

なので、根本的に吹き出物(大人ニキビ)のできにくい肌に改善するには、女性ホルモンバランスを整えることがポイントなのです。