大人ニキビ 思春期ニキビ 違い

大人ニキビと思春期ニキビの違い

10代の思春期ニキビに対して、大人になってできるニキビは大人ニキビと呼ばれます。同じニキビでも、できる場所も原因も違います。そのため、ニキビケアの方法も異なります。

 

2つのニキビの違いを簡単にまとめると次のとおりです。

 

思春期ニキビ

10代の思春期ニキビは、皮脂の過剰分泌が主な原因です。これは成長期における男性ホルモンの増加が原因です。と、ここまでは、たいていの方はご存知でしょう。

 

しかし、突き詰めて考えると、単に皮脂がたくさん分泌されるからというだけではないんですね。皮脂は毛穴を通じて分泌されます。皮脂腺は毛穴に開講していますから。

 

ニキビは皮脂がたくさん分泌されて、それが毛穴に詰まって、そこにニキビ原因菌とされるアクネ菌が繁殖して、悪さをし、炎症を起こしてニキビができます。

 

ここで、ちょっと考えてみてください。皮脂の過剰分泌がニキビの原因だとすれば、皮脂が最も多く分泌されるのは20代半ばです。しかし、一般に思春期ニキビと呼ばれるように、ニキビができやすいのは10代です。

 

それはどうしてかというと、ポイントは、毛穴の詰まりです。10代というのは、皮脂を分泌させる皮脂腺が男性ホルモンの働きによって著しく成長するのですが、実は毛穴の成長が、それに追いついていないのです。

 

20代になると毛穴が成長していますから、皮脂が分泌されても毛穴に詰まることなく、外に排出できるのです。10代は毛穴が未成長なので、皮脂をスムーズに排出できないというわけです。これが、思春期ニキビの本当の原因です。

 

大人ニキビ

それに対して大人ニキビは、原因が複雑です。30代以降は、特に女性の場合は皮脂の分泌は減少します。どちらかといえば肌は乾燥しがちになります。それなのに、なぜニキビができるかというと、その乾燥こそが主な要因になるのです。

 

肌は、もともと皮脂を分泌して皮脂膜を形成し、外部の刺激から守ったり、肌の潤いを保つ働きがあります。適度に肌が潤っていれば、皮脂の分泌も適度に行われるので問題は起きません。

 

ところが、肌が乾燥すると、実は皮脂を分泌しやすくなるのです。肌自身が皮脂が足りていないと感じるからです。それが皮脂の過剰分泌を促してしまいます。

 

とくに女性の場合は、女性ホルモンが肌の水分と油分を調整しています。ストレスや不規則な生活習慣などで女性ホルモンのバランスが崩れると、皮脂を分泌してしまう傾向があるのです。

 

また、加齢や紫外線を浴びることによっても肌が乾燥しますから、それがかえって皮脂を分泌させやすくしてしまいます。同時に、角層の潤いが失われますから、それ自体が毛穴の詰まりを起こしやすくなるのですね。

 

このように、大人ニキビの場合は、ニキビができる原因が一つではありません。加齢、紫外線など外部の環境、食生活・生活習慣、女性ホルモンバランスの崩れなど要因は様々です。

 

なので、大人ニキビのケアは、思春期ニキビのケアとは違ったアプローチが必要となるのです。