吹き出物 女性ホルモン

吹き出物(大人ニキビ)ケアの秘訣は女性ホルモンを整えること

“女性のお肌は、体の内面を写す鏡” といわれます。ストレスを受けたり、疲れが溜まったり、悩みを抱えていたり、不規則な生活や食習慣などのせいで、体調が崩れると、すぐにお肌に現れます。

 

お肌だけが、調子が悪いということはありません。

 

肌荒れしているとき、吹き出物やニキビができているときは、体の中も、どこかしら不調を抱えているものです。

 

体の不調も、お肌の不調も、どちらも女性ホルモンが密接にかかわっているのです。

 

吹き出物(ニキビ)と女性ホルモンの関係

10代のニキビと女性ホルモン

10代のニキビ

10代のときにできるニキビ(思春期ニキビ)は、男性ホルモンのアンドロゲンが活発になることが原因です。女の子もアンドロゲンの影響でニキビができやすくなります。アンドロゲンが皮脂腺の成長を促し、皮脂の分泌を盛んにするからです。

 

女の子の場合は、女性ホルモンの分泌がまだ安定していないことも関係しています。この時期は、ホルモンバランスが非常に不安定なんですね。

 

20代後半以降のニキビと女性ホルモン

大人ニキビ

でも、一般的には20代になれば、女性ホルモンの分泌が増えて安定してくるので、ニキビは治り、肌がきれいになるものです。

 

20代・30代は、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌がもっとも多くなり、安定する時期だからです。

 

にもかかわらず、最近は大人になってニキビができる人が増えていますね。

 

それは女性ホルモンのバランスが乱れていることが大きく影響しています。心や体が強いストレスを受けているからです。

 

女性の肌は乾燥しやすい

もともと女性の肌は、30代以降、年齢とともに乾燥しやすくなります。皮脂分泌量のピークは、女性も男性も20代後半ですが、男性がほとんど減少しないのに対して、女性は急激に減少するからです。

 

お肌の潤いは、水分と油分のバランスによって保たれています。油分である皮脂の分泌量が減少しますから、肌の水分が逃げやすくなるのです。

 

女性ホルモンが乱れると肌の潤いが失われやすい

エストロゲンの減少

また、女性ホルモンのエストロゲンは、20代半ばをピークに緩やかに減少しはじめます。

 

しかも、ストレスを受けて女性ホルモンのバランスが乱れた生活が続くと、年齢以上にエストロゲンの分泌量が低下します。

 

エストロゲンには、お肌の水分量を増やし、みずみずしい肌にする働きがあります。

 

ホルモンバランスが乱れてエストロゲンが年齢以上に減ると、肌の乾燥や肌荒れだけでなく、シミ・シワ・たるみといった肌の老化すすめてしまうのです。

(グラフ : ラ・ミューテ提供)

 

保湿とともに女性ホルモンを整えることが大切

最近では、大人ニキビ(吹き出物)のケアには、保湿が大事ということが広く知られるようになってきました。

 

でも、それだけでは肌の調子を根本的に改善することはできません。お肌の水分・油分のバランスには、女性ホルモンが深く関わっているからです。

 

なので、大人ニキビ(吹き出物)のケアには、保湿はもちろん、女性ホルモンのバランスを整えることがポイントなのです。